葬儀に参列する時のアクセサリーに付いて

社葬と言う葬儀を考える

葬儀の形には、いろいろな方法があります。一般的に言われる葬儀が、個人葬と言われるもので、故人を偲んで行なわれるものになります。また最近多く行なわれるようになったのが、家族葬と言われるもので、身内だけで行なう葬儀になります。更には喪主や施主の人が地方にいるため、直葬と言われる方法も行なわれるようになりました。そこには、周辺の人たちとの繋がりが薄くなってしまったことも、理由に上げられるのでしょう。

そんな簡素化されている葬儀が多くなった中で、社葬と言う形で行なうものもあります。社葬とは、その企業や会社を創立し、大きな業績を残した人の死に対し、企業会社を挙げて行なう葬儀のことを言います。故人を偲びながら、業績を感謝すると共に、以降の会社の方針等を、取引会社とか業界に知らせるといったことも行なわれる葬儀になります。

この時、喪主は故人の家族の方が行いますが、施主は会社が行なうことになります。また葬儀委員長も、会社から選ばれることが一般的と言われます。そして頂いた香典は、喪主の家族に渡されることになります。葬儀の形態が後々、会社の評価にも繋がることがあり、執り行いには、十分な注意と配慮が必要になって来ることになるのでしょう。

おすすめ情報