葬儀に参列する時のアクセサリーに付いて

女性が通夜、葬儀や法事などに持って行くバッグ

女性が葬儀や法事などに参列する時に持って行くバッグやその中身に付いて考えてみます。基本的に黒のバッグ、ショルダータイプでは無く手提げタイプが良いでしょう。素材は布製が良いとされています。通常のバッグで使われている革は殺生と言う観点からすると用いない方が無難です。大きさとして、小振りな物を選ぶと和服でも使えて便利ですが、あまり小さいと収納に不便と言うデメリットもあります。黒い布製のバッグと言うのは、普通の外出時に使う事は滅多にありません。そう言う意味では頻度は少ないですが、長く使う事を考えてなるべくなら上質の物を選ぶ事をお薦めします。流行などに左右されないタイプを、礼服売り場などで予算と相談して買っておけば、ずっと使う事が出来ます。

葬儀の際に持って行くものとしては、お数珠、お香典、財布、ハンカチ、ティッシュなどがあります。香典返しの品を持って帰るかもしれないので、黒い折り畳みの出来るエコバッグを持って行くと便利です。場合によっては折り畳みの傘も持って行く必要があるかもしれません。礼装用のバッグだけでは足りない事もあるので、エコバッグは必需品です。今の時代、携帯電話も持って行くでしょうが、マナーモードにするか電源を切るかする必要があります。万が一の時に恥をかかないように気を付けましょう。

おすすめ情報