葬儀に参列する時のアクセサリーに付いて

葬儀に参列する時のアクセサリーに付いて

葬儀に参列する時のアクセサリーに付いて

女性が通夜や葬儀、法事などに参列する時のアクセサリーに付いては、幾つかの注意点があります。原則として、アクセサリーを付けないのが通例です。結婚指輪は別ですが、光る素材のアクセサリーは避けた方が良いでしょう。特に色の付いている石は着けてはいけません。但し、真珠は特別に許されています。真珠は涙をイメージされると言う事で、白い真珠のネックレスや指輪などを身に着ける女性が多いです。最近は黒真珠やオニキスなども用いられるようになりました。

ネックレスの形としては一連となります。二重のネックレスなどは、不幸が重なると言う事で避けられています。又、あまり大きなものは華美と受け止められがちですので止めましょう。あくまでもしめやかな葬儀に相応しいものを選ぶようにします。忘れがちなのがピアスです。通常耳に付けたままにする事が多く、うっかりそのまま葬儀に参列してしまう事もあります。真珠などに変えるか、取り外した方が良いでしょう。人と相対する時、耳は結構目立ちます。出掛ける前に鏡の前でチェックする習慣を付けると、マナー違反になるような箇所を見つける事が出来ます。あくまで亡くなられた方を心から見送ると言う心を忘れないようにしましょう。

おすすめ情報